仙台市青葉区上杉にある『こども学心舎』は、体験を通して生きる力を育てる事を目的としています。

  • こどもの柔軟な思考力を育てる

    2019年6月9日

    「まだ弾けきれてないね~」とダメ出しされる?!
    ロボット教室(上杉)で「変な答えクイズ」の変な司会役に
    身体を張って挑戦した成田です。



    こども学心舎の論語や偉人伝の時間では、
    どうしても正論をこども達に伝え、
    優等生的な発言を求めてしまいます。


    けれど
    ロボット教室や理科実験教室では自由な発想と好奇心を育てたい。

    そこで、
    こども達の思考の枠を外すため思いついたのが

    「変な答えクイズ」


    先日、見学した京都大学の樋口先生の授業のマネです。
    樋口先生の理科実験教室はこどもの笑顔であふれていました。

    正解を言った時よりも、
    変な答えの方がポイントが高いルール。



    約束事は1つだけ。
    他人を傷つける事は言わない。


    練りに練った変な質問を投げかける。

    「ロケットのタイヤはいくつでしょう?」

    「どうしてブロックは口に入れてダメなんでしょうか?」

    いつもなら「そんなバカなコトいわないの!」と
    一喝されるコトバなのに
    今日は褒めてもらえてこども達も大興奮!
    永遠に続きそうな気配(笑)

    こちらの柔軟な心が必要になり結構大変。
    お母さんや学校の先生のご苦労を感じます。

    こども達の変な答えに負けないように、変なメガネをかけて…身体張ってます。
    ?Gg[???ubN}[N??