仙台市青葉区上杉にある『こども学心舎』は、体験を通して生きる力を育てる事を目的としています。

  • ロボット教室 8月26日(土曜コース)

    2017年8月31日

    8月26日の土曜日のロボット教室
    振替のお子さんが多く、10時~14時まで2コマ頑張る姿が見られました。

    今月のベーシックは「犬型ロボット~ロボワン」
    早く走るかと思ったら、意外と歩幅が小さく
    競争ではあまりの遅さにずっこけてしまいました(笑)

    プライマリーは「お手伝いロボ」
    ママにおやつを運んで喜んでもらうにはどうしたらいい?
    とテーマを与えると張り切る子どもたち。

    ミドルコースは「壁づたいに走るウオールロボット」
    キョウタロウ先生が少し難しい課題を与えたところ・・・
    yuzukiとharumasaが全く違うアプローチを編出してくれました。
    答えは1つではないんだよね。
    最近はちょっぴり大人になり、難しい顏をしていたyuzukiが
    ケラケラ声を上げて笑っている姿に嬉しくなります。

    harumasaはロボコン以来ヤル気モードになっているので
    このまま難易度を上げていきます。

    koutaはコマが大好き!
    自由な時間では何かとコマを作りたがる。
    以前作ったコマロボットのテキストを見せると目がキラキラ★★
    課題をこなしつつ、興味のあるものでテンションを上げていきます。

    yuitoはお父さんの行動観察を良くしているのかな?
    「髭剃りロボ」を考案する(笑)

    ryoちゃんは大好きなりほ先生と一緒。
    重いものを運ぶためにはどうしたらいいかな?
    というテーマに対して
    単純な対策ではなく、りほ先生が予想していた以上の答えをだして
    周囲をびっくりさせました。
    これからが楽しみ(*^。^*)

    いつもコツコツ頑張り、遠慮がちなdaisukeが気になっていたので
    今日は座る場所を先生の近くにして
    競争に参加しやすくしました。
    少し馴染んでくれていつもより笑顔が多かったのでホッとする。

    お喋りと手がどちらも良く動くkokarou。
    今日は昇級試験だよ!とベーシックに挑戦。
    予想通り、難なく作り上げるkota。
    簡単なテーマで楽しめる子もいれば、
    kotaのように難しいテーマを突きつけられると集中するタイプもいます。
    それぞれの頑張るツボを適切に見つけてあげたい。

    午後はtakasiがいつもと違うテーマに挑戦。
    ゆっくり丁寧に・・・壁にぶつかっても笑顔を絶やさないtakashiです。
    自宅で作ってきた消防自動車ロボについて、
    みんなの前でプレゼンテーションをしてくれました。
    諦めたり、恥ずかしがらず果敢にチャレンジし続ければ
    絶対に実力はついていくよね。

    ren相変わらず自分の世界をしっかり持っている。
    先生としてはみんなと一緒に行動してくれればどんなに楽でしょう(笑)
    でもrenの世界から生まれるアイディアは絶対につぶしてはいけない。
    学心舎は学校ではない。
    ルールを守りつつrenの世界も尊重してあげたい。








































































    ?Gg[???ubN}[N??