仙台市青葉区上杉にある『こども学心舎』は、体験を通して生きる力を育てる事を目的としています。

  • ロボット教室8月9日 水曜コース

    2017年8月11日

    8月の第1回目の授業

    まず、8月のお誕生日のtaigaとsenaに先生からの誕生日プレゼントを渡す。
    親子で読んでほしい本を選んで贈っています。
    さっそく目を通すTaigaは泣ける内容に
    「お母さんがはまりそうだ」ですって!!

    次に8/1に開催された「ロボットコンテスト地区大会」に出場したSenaの表彰。
    大きな舞台での発表のプレッシャーに頑張ったことを報告しました。

    そこで先生による寸劇でこども達に質問!

    「次の中で一番カッコいい人はだれでしょう?
    ①コンテストに挑戦して成功した人
    ②コンテストに挑戦して失敗した人
    ③最初からコンテストに挑戦しなかった人」

    ②の失敗した人を選んだkoutaとToshiは
    「失敗したってまた挑戦すればいいんだよ」と熱弁。

    クラス一番のチャレンジャーのSenaは③の最初から挑戦しない人を選ぶ(笑)
    全国大会出場を前にきっと複雑な心境なんだろうな・・・

    コツコツ努力家のtaigaとyuoは①の成功者をやっぱり選ぶ。

    「みんな間違っていないよ。
    ただね、失敗を恐れて何もしないよりも挑戦する方がかっこいいんだよ」
    こんなメッセージを届けたくてお話しました。

    しばらくすると・・・毎回のことながら事件発生!!
    がんばっていたtoshiがパーツケースをひっくり返してしまいました。
    \(◎o◎)/
    心折れないtoshiが先生と一緒に片づけていると無言で手伝い始めたkouta
    (凄いぞ!)と心の中で思いながら見守る。
    片付け終わっても「ありがとう」が言えないToshiがとった行動は?!

    後ろに座っていたkoutaの弟のkeitaに「ありがとう」と言っていました(笑)
    その後、koutaが制作に苦戦していると走り寄って手伝っていました。
    友だちとの絆はこんな小さなつ積み重ねで作っていくんですね。

    遅刻をしたryousei。
    JRと地下鉄を乗り継いで一人で通っています。
    今日は乗車券を忘れて自宅に引き返したとの事。
    「不安だっただろうに・・・よく自分で判断したね」と声をかけると
    「休むという選択肢はないのだ!」とryousei。
    ryouseiが慌てている様子を想像すると心痛みますが、
    案外こどもはケロリと乗り越えてしまいます。
    生きる力があるんですね。
















































    ?Gg[???ubN}[N??