仙台市青葉区上杉にある『こども学心舎』は、体験を通して生きる力を育てる事を目的としています。

  • 志高いこども達

    2017年7月29日

    「ぼくたちが立派になって、いい社会を作るため」

    7月の日曜の寺子屋で細菌学者・北里柴三郎のお話をした時のこと。


    「柴三郎は大きな大学や病院を作ろうと思って研究したのかな?
    違うよね。
    目の前の人を助けようとして、一生懸命取り組んだんだよね。
    お金も大事。
    でもね、仕事は誰かの役に立つためにするんだよ」


    そんなお話をした後に、
    参加されているお父さんやお母さんにも、
    何のためにお仕事や家事をしているか発表して頂いた。


    お客さんに喜んでもらうため
    ケガをしない安全な建物を作るため
    家族が仲良く暮らせるため


    自分のお父さんやお母さんの発表する姿を見る
    子どもたちの誇らしげな顔!!
    何よりの教育ですね。


    「それでは、成田さんが寺子屋をやっているのは何のためでしょうか?」と
    質問して返ってきたこども達の言葉・・・


    「ぼくたちが立派になって、いい社会を作るため」


    リーダーシップ、実行力、思いやりを備えた
    志高い人財を育てるために続けてきた寺子屋。

    こども達に思いが伝わっていることに心が熱くなりました。

    shiokaちゃんはお話が上手だから通訳とかアナウンサーなんていいと思うな。
    soukiは優しいからお医者さんになって病気の人を助けるのはどう?
    kazukiは仙台市長だね。

    それぞれの良い所をお話してみんなで20年後を空想して楽しみました。




    ?Gg[???ubN}[N??