仙台市青葉区上杉にある『体験学校 学心舎』は、体験を通して生きる力を育てる事を目的としています。

最新のお知らせ


2022年4月26日 : 実験教室「紅茶の色を変える?」
日本一不親切で自由な実験教室の報告 2022年4月
「紅茶の色が変わる?実験の基本を学ぼう」

2022年4月生がスタートしました。4年生のT君、H君、I君の3人が加わり、講師は引続き渡辺先生。今回は、東北大学・工学部の森田先生もお手伝いに参加してくれました。

渡辺先生が「犬伏先生に負けないように・・・いやいや、犬伏先生以上の指導ができるように頑張ります」と言ったところ、こども達から「それ(犬伏先生を超える)はムリ!!」と厳しい発言(笑)。実験教室の開設からずっと犬伏先生だったので、こども達は「犬伏先生ロス?」。



今回は、実験の基本を改めて学ぶことも目的でした。正確な実験データをとるには条件をそろえる事や比較する対象を作ること等を伝えました。資料を一緒に作った山田若菜先生には「まるで本当の研究室ですね!!」と驚かれます。

「実験教室」と聞くと、混ぜたり燃やしたり、色が変わったり煙が出たり、驚く変化を楽しめるイメージがあるかもしれません。一般的な実験教室は確かに、変化を体験してその理由を学ぶパターンですが、学心舎の「日本一不親切で自由な実験教室」の目的は、こども達の探求心に火をつけ、考える事をあきらめない子に育て、これからの新しい学習スタイルで能力が発揮できるようにするためです。ですからこども達のためにも難しくても本物を伝えます。




自己紹介が終わり、紅茶に加える抽出液を作ります。



今回の実験は、色々な抽出液を作り、紅茶を薄くするものの特徴に気づかせることが目的です。おろし器で大根やキュウリをする子、トマトをつぶす子、シイタケを煮だす子・・・・様々なアイディアで成分を抽出していきます。まるで調理実習(笑)。包丁やおろし器を使う表情も楽しそうです。手が汚れたり、白衣が汚れたりしますが、こども達は困難を楽しんでいるようでもあります。

4月の授業はいつも成田さんコールが響きます。その度に成田さんの冷たい返事が飛びます。
「成田さん~!!混ぜてもいいですか?」 ⇒ 「自由にやりなさい!」
「成田さん~!!ゴミを捨ててもいいですか?」 ⇒ 「自分で考えなさい」
「成田さん~!!手が汚れちゃった。」 ⇒ 「どうしたいの?」
「成田さん~!!ノートが濡れちゃった。」 ⇒ 「どうしたらいいと思う?」
「成田さん~!!トイレに行ってもいいですか」 ⇒ 「『行ってきます!』でいいよ」

学校では、自分で考えて行動する子=自分勝手な子とレッテルを貼られるのかもしれませんね。自由にやらせないのは、失敗させたくない大人の都合のような気がします。けれど「先生!!どうしたらいい?」と四六時中言われ続ける先生は大変でしょうし、こども達はいつまでたっても自立しません。

学心舎では、実験を進めて失敗したらやり直せばいいし、手が汚れたら自分で考えればいい。その代わり失敗しても決して責めないし、やり直したかったら手伝います。ここが安心な場所であると理解し始めると、期末にはこども達からの成田さんコールはほとんどなくなります。



さて、思い思いに野菜から抽出液を作って紅茶に加えて反応を見ます。劇的に変われば面白いのですが、僅かしか変化がありません。その僅かな変化を目を凝らして観察して、紅茶の色を変える食材の共通点を考えるのです。「色を薄くするのは酸っぱい食べ物だ」「色を濃くするのは生き物から採った液だ」と仮説を立てていきます。

本来は、ここで「ではあなたの立てた仮説からすると、ワインを入れると変化するでしょうか?」と問題を出す予定でしたが、時間が足りませんでした。





いよいよ観察して気づいたことの発表です。発表内容をこども達がお互い評価し合い点数化し表彰します。そこで今期の最優秀者への景品を発表したところ、「ちょっと待って?もう少し考えさせて?」と焦るT君。景品の力は大きいデス。
今回の発表では、ベテラン組よりも新メンバーが果敢に発表しました。

例えば、ベテラン組のRさんは、自分の仮説は立ててあったのですが、最後に出たたった1つのデータが自分の仮説に合わない事に気づき、自分の仮説の発表をとどまりました。R君は最後までジーっと紅茶を観察しています。つまり・・・ベテランチームは消極的なわけではなく、経験を重ねて考えが深くなってきたので無邪気な発言が出来なくなってきたのです。

誰かからの評価ではなく、自分の中で納得いくラインがグンと上がった感じです。自由にヘンな答え大歓迎な教室ではありますが、成長していくとこのような変化が現れるのだと私自身も驚きました。*ダニングクルーガー効果と言います。

 はずかしがり屋のI君には、同じ恥ずかしがり屋のR君が前回最優秀賞をとった秘密をこっそり伝えました。兄弟で参加。優しくて面倒見の良いお姉ちゃんですが、弟の発表には質問を投げかけていました。これからバトルが楽しみです。





初めての実験教室で、自由にやっていいと言われ、最後に発表させられ・・・と新メンバーは面食らったと思いますが、自由さを楽しみ、発表が好きになっていくよう講師一同支援していきます。
学心舎 成田喜美代

2022年4月22日 : 4月のこども論語塾のご案内(寺子屋)
①こどもキャリアセミナー「はしのはなし」

ある時は、そば打ち名人。
ある時は、本を出す程のお弁当作り名人。
ある時は、麦ジュース大好きおじさん。
正体は、橋を調査・点検する会社の社長さん!!
4月のこども論語塾で「はなのはなし」をしてくださる、
O・T・テクノリサーチ株式会社・代表取締役 鳥海 廣史さん。
長年、学心舎でこども達に食事を作って下さっている鳥海さんが、
お話先生として登壇します。



②こども論語

日時:4月24日(日)
時間:7時30分~9時
参加費:無料
場所:仙台市青葉区上杉1-5-13 体験学校・学心舎(カギの救急車内)
*どなたでもご参加いただけます。初めての方はご連絡ください。

◆「朝食・朝勉おにぎり」のお誘い
こども論語塾の後、料理研究家の方々がおいしい朝食を作って下さいます。
要予約(4/22まで)。1人150円
2022年3月19日 : 3月のこども論語塾のご案内(寺子屋)
3月のこども論語塾のご案内(寺子屋)
2022年3月27日

①こども偉人伝
「宮沢賢治」
志の人・宮澤賢治を育てたお母さんの言葉を紹介していきます。

②こども論語

日時:3月27日(日)
時間:7時30分~9時
参加費:無料
場所:仙台市青葉区上杉1-5-13 体験学校・学心舎(カギの救急車内)
*どなたでもご参加いただけます。初めての方はご連絡ください。

◆「朝食・朝勉おにぎり」のお誘い
こども論語塾の後、料理研究家の方々がおいしい朝食を作って下さいます。
要予約(3/22まで)。1人150円


2022年3月6日 : 日本一不親切で自由な実験教室 4月生募集
3年目を迎える理科実験教室。
2022年4月生を募集しています。
募集人数は1名。

受講期間 2022年4月~9月の6か月
受講料  10000円(6か月分として)
入塾金  5000円(ロボット教室生は不要)

電話にてお申込ください。







2022年3月6日 : 2月の実験教室「固さってって何だ」
2022年2月  第5回実験教室の報告「固さってなんだ」

「身長の高い人は?」と聞かれるより
「身長が150㎝以上の人は?」と聞かれた方が判断しやすいですね。
では問題です! 
『スルメイカ』と『アメ』と『タブレット』をかたい順に並べてみよう!から授業がスタート。

「当然、アメだよ」
「スルメはやわらかいけどかたい」
「タブレットはかたいけど、すぐ割れる」など疑問が湧きだしてきます。




アメとタブレットに関心が集まります。
どちらがもろい?
溶けやすさとかたさの関係は?


まず、かたい順に並べてその理由を一人ひとり発表しました。 

つぎに、「かたい」の対義語について話し合いました。
「やわらかい」「もろい」「崩れやすい」「 ゆるい」「(結びつきが)弱い」等々。
つまり、かたさの基準が色々あることに気付いてほしかったのです。
漢字で書くとわかりやすいですね。固い、硬い、堅い、難い・・・。

では、かたさの単位ってあるのかな?と言うことで、
「かたさの単位を自分で作っちゃおう」が今日のお題でした。
自分の持ってきた食材をやわらかい順に並べて、
その理由を具体的数字で証明するのです。

お題を聞いた瞬間こども達からはため息(笑)。
そうです、とっても難しいお題です。

戸惑うこども達を見て、私と犬伏先生は心の中でガッツポーズ。

日本一不親切で自由な実験クラブは、
何かを教えたり覚えさせるのではなく、
考える力を育てる事が目的です。
こども達を考えなくてはならない環境に立たせて、
それをサポートするのが私たちの役目だと思っています。

話はそれますが、名門・麻布中学の入試過去問に
「コーヒーの入れ方」がありました。
いきなり書かせるのではなく、
説明文が何ページにもわたるそうです。
つまり、
長い文章を読む力、あきらめずに考え続ける力が試されているとも言えます。

今のこども達は
「わかんない」「関係ない」「ネットで調べればいいじゃん」が口癖です。
この実験教室が始まった頃もこども達からそんな空気が漂っていました。

けれど2年が経過して、
こども達は難問を出されるとため息はつくものの(笑)、
あきらめません。
苦労して自分なりの答えを2時間後には発表します。

悩んで立ち止まっていては、時間が過ぎるばかりです。
「とにかく手を動かして変化を記録するんだよ」と先生が声をかけます。


つぶしたときの結果でかたさを判定するまでは簡単に思い浮かびます。
その後に、それを数値化する方法にこども達は悩みます。


つぶれた広がりを計るためにメモリをつけた計測器を作ったRちゃん。




同じ力でつぶす必要に気づいたNちゃんは、素材を小さくして全部一斉につぶす方法を考えました。



「つぶす」のではなく、「つぶれる条件」に着目したのはY君。
どの高さから落としたらつぶれるかを計測していきます。
人参がつぶれる高さは途方もなくこの方法は断念しましたが、
着目点はみんなからは興味深々でした。





つぶすための力を一定のするのではなく、
つぶすための力を数字化したのはRちゃんとMちゃん。
スケール(計器)の上に素材を置いて、
カッターで切るために力を加えて、
切れた時のスケールの重さの数字を記録します。
とても繊細な観察が必要になります。



素材を割る際の力を一定にするための工夫をしたのはR君。(さすがロボット教室生!!)。
金づちを振り下ろす角度を一定にする計測器を作りました。
分度器を使い、
素材を割るために最低限必要な角度を考えました。
そして、割るために要した力を降り下ろした回数で表現しました。   
             


物知りタイプのH君は「かたさは密度に関係する」との仮説から、
持ってきた素材を顕微鏡で調べました。
結果的には断念したのですが、
教室の顕微鏡の精度がもっと高かったら仮説を証明できたかもしれません。
ごめんね。



そしていよいよ発表の時間です。



いつもは一人ひとり発表して終わりなのですが、
今回は発表の内容に対してみんなから質問を受けます。
質問する側も、他人の発表をどれだけ真剣に聞き、
イメージしているかが問われます。
まるでテレビのワンシーンの様でした。かっこいい(笑)

今回のテーマは大変難しく、
こども達がどこまでやり遂げてくれるか不安でしたが、
考える事をあきらめない力や発想力の豊かさが育っていることを感じて、
益々こども達が可愛くなってきました。

実際にはかたさには、
割れない、傷つかない、変形しないなど様々な基準があります。
かたさを計る専門の会社があるほど難しい
この難問にわずか2時間で自分なりの答えを出したこども達でした。



こども学心舎では、メールマガジンを発行しております。
各種お知らせ、イベント情報などをお送りいたします。


■お問い合わせ
Tel:022-711-9950