仙台市青葉区上杉にある『こども学心舎』は、体験を通して生きる力を育てる事を目的としています。

最新のお知らせ


2019年9月22日 : 「何故だろう?」と考える習慣を育てていますか?


9月の寺子屋は
人数が少なかったので子ども達はやや緊張気味。
急きょ予定を入れ替えて楽しい理科実験からスタート。

大きいかぼちゃが水に浮いて、小さいじゃがもいが沈む様子に
大人たちも驚きの声(笑)

白い粉を混ぜると、沈んでいた野菜たちが浮き上がってくる。

「何故だろね~?間違ってもいいんだよ。
だって、成田さんも答えを知らないから(笑)」
と声をかけると

「土に埋まっている野菜は沈むんだ!」
「ツルツルしている野菜は浮くのかも」

可愛い意見が出てくる。

私は
何故だろう?と考える習慣を育てたい。

答えを教えるのは簡単で
教える側は手間もトレスもかからない。

でも、それでは子ども達の好奇心は育たない。
好奇心は才能を開花させる源。

想像してみて!
こどもたちは、目の前に広がる世界になぜなぜ?と
目を輝かせる。
少ない人生経験の中から情報を引き出して頭の中をクルクル回転させて考える。
もう、それだけで頭が良くなる!!

正解なんて知らなくてもいいと思う。
頭の中をクルクル回す力が育っていれば
その子に合った「何か」に出会った時
こどもたちは勝手に学び始める。
頭の中をクルクル回す事は好奇心。

小さい頃に好奇心を育ててあげてなかったのに
年頃になって
「あなたのやりたいことは何??」と
責め立てられる子どもたちは気の毒です。
無気力なのは本人のせいじゃない。

中学生の女の子が小さな声で
「家に帰って、油と氷と砂糖をまぜて実験してみる」と言う。
一緒に来ていたパパにとっても
我が娘がそんな事を言い出してびっくりの様子。

パパに
「やってみたいそうですよ~。良いですか?」と尋ねてOKをもらう。
(パパもえらい!!)

こどもの好奇心を育てるための今日の実験。
準備するのは
水と塩とパパママの少しの時間です。













2019年9月21日 : 考えてみよう!
さて、何本でしょう?



答えは明日の「おやこ寺子屋」で!

2019年9月19日 : プログラミング授業が始まりました
ロボット教室でプログラミングの授業が始まりました。
自分で作ったロボットをより高度な動きに完成させます。

こども学心舎のロボット教室の合言葉は
「人の役に立つロボットをつくる人になる」。



ロボット作りは高いレベルまで成長した子ども達が、
タブレットとにらめっこ。

「こんな難しい事が出来るなんてあなた達は天才!!!」と
思わず声をかけてしまいます。
どこまで伸びていくのかな・・・。
楽しみ。








2019年9月15日 : 9月の寺子屋のご案内
9月の日曜の寺子屋のご案内

◆理科実験
野菜が浮く?不思議な水を作ってみよう

◆こども論語
子曰く「学んで時に之を習う・・・」みんなで漢文を読めるようにしましょう。
論語はリーダーシップや優しい心を育てます。

◆こども偉人伝
「良寛さま」

親子で学ぶ姿はこどものヤル気を引き出します!
どなたでもご参加できます。
初めての方、一人だけでも大丈夫です。

(内容)こども論語、偉人伝
(日時)9月22日(日)朝7日30分~8時30分
(費用)無料。どなたでもご参加頂けます。
(場所)こども学心舎※カギの救急車勾当台店内

仙台市青葉区上杉1-5-13
電話 022-711-9950


2019年8月31日 : おやこボランティア 朝のゴミ拾い
こども学心舎が協賛している「早寝早起き朝ごはん実行委員会」による

朝のゴミ拾いが開催されます。

9月8日の会場は上杉の学心舎が集合場所になり、掃除の後はかき氷の振る舞いなどもあります。

ベガルタ仙台の景品交換もあります。

親子で1つのことを取り組む効果として・・・

コミュニケーションがとりやすくなり、

こどもの良い一面が見えるためお勧めです。

是非親子で早起きをしてご参加ください。

参加申込先:ベガルタ仙台 今野さん 022-216-1012





こども学心舎では、メールマガジンを発行しております。
各種お知らせ、イベント情報などをお送りいたします。


■お問い合わせ
Tel:022-711-9950